キルミーベイベーで有名になった(よね?)カヅホ先生のオリジナル同人誌

KAZUHA2012-03-16


タイトル :PPP
サークル :腹痛ダイナー
サイトURL :http://kaduho.blog7.fc2.com/
作者   :カヅホ
発行年月日:2012年2月5日
ページ数 :18P
サイズ  :B5
形態   :表紙カラー・本文モノクロ
年齢制限 :なし
ジャンル :オリジナル

初めのあいさつ&トーク


 猫耳っ娘とかもいいけど、豚耳っ娘も良いよね!(ぶたみみ萌え。あいさつ)




 はいそんな感じでこんばんは。お久しぶりです群咲一葉です。いやもう色々あったり無かったりしてたんですよ。嘘。


 とまあ俺のことはどうでもいいですね。さらっと更新再開しますよ。
 今回の同人誌レビューブログ群咲は、あのカヅホ氏のオリジナル同人誌です。
 COMITIA99で発行された本ですよ! ……出てから一ヶ月以上たってるけど、まあ細かいことは気にすんな!


 いやだってね、今キルミーベイベーのアニメやってるじゃないですか。そらもう私も毎週うっひょううっひょういいながら見てますよ!
 やすなちゃんかわいいよねやすなちゃん! くそぅくそぅ!


 ……だから、その作者であるカヅホ氏も有名になった……よね? 
 ……俺このブログで何度か氏のご本を取り上げてるけど……あんまり有名になってる気が……するよ! 超するよ! たぶん!
 

 いまだに「カヅホ 同人誌」でググるとこのブログが一番にヒットするけどな……。


 いや! もう超有名なはず! キルミーベイベー各所で話題だもん! 面白いもん!!
 同人誌は話題になってないかもしれないけど、商業作品とアニメが話題になってればいいじゃない!?



 つーか話題になってるとかなってないとか、そんな事どうでもいいよね!
 当ブログは取り上げたい同人誌を取り上げるのがモットーですからね!


 はいもうそんな訳で! 今回はカヅホ先生の同人誌を取り上げますー! いぇーい!!
 じゃあ、かるーく内容紹介するよー! 

内容紹介(ネタバレ注意)


 ちゅー訳でね。今回の本はオリジナルの同人誌なので(といってもこの方二次創作は出してないんですけど)、少し内容解説をしないといけませんね。


 今回のこの本は、作中どこにも解説はありませんが、童話「3匹の子豚」も萌え擬人化といった内容です。
 まあ解説とか無くても読めばわかりますし、ていうか表紙に豚耳っ娘が3人いる時点でなんとなく予想もつきますね。


 形式としては、1ページに横長の4コマが一本あるって形です。
 商業作のキルミーベイベーは4コマ作品ですが、意外と氏が出した同人誌で4コマなのはこれが初めてのハズ。
 ……なんでこの人4コママンガでデビューしたんだろ?


 んでそんな3匹の子豚ちゃん達の4コママンガの内容ですが、まあいつものカヅホ作品らしい感じですよ。
 子豚ちゃんたちは大体原作通りに、藁・木・レンガの家を作るってキャラ付けですが、そこはカヅホワールド。それだけでは済まない感じです。
 なんたってこの3人の名前、それぞれ「モツ・ガツ・ハツ」ですからね。部位名じゃん! 焼肉かよ!!


 ……もうこの時点でなんだか不穏な空気が漂っていますが、お話もかわいいんだけどなんだかブラック。
 始まって即ハツ(レンガの娘)が狼をレンガで倒しちゃってますからね。オオカミさんー!(キュアハッピー


 この後も推して知るべしですよ。そらもう童話を元にしつつなんだかヒドい話が展開されます。
 モツ(藁の娘)は「今時藁の家とか無いわー」とか言って藁を売っぱらってパチンコして、挙句そのお金を吹っ飛ばすし。
 ガツ(木の娘)は木を切るのはいいけどそこが私有林で、お縄になっちゃって木の家ならぬコンクリートの家に強制移住だし。


 ……ね? ヒドいでしょ?


 ちなみにハツは最初持ってたレンガが粗悪品という事に気づいて質の良いレンガを自作し、それで大儲けします。
 ……3匹の子豚のお話のはずですが、なんだかお金の話ばっかり。この後もこんな感じです。



 あんまり内容を書くとアレなので、内容紹介はこのくらいにしておきます。
 気になる人は買って読んでください。 まあ今手に入るかどうか知らないけどね!



 ではでは、総括に移りますー。

レビュー&総括


 とまあそんな感じの、カヅホ版「3匹の子豚」といった内容の本作。
 かわいいんですけど、この滲み出るブラック臭さはやっぱりカヅホワールド!


 いやね、絵柄はかわいいんですけどね。そこはさすが著作がアニメにもなったカヅホ先生。かわいいですよ。
 てか3人のキャラデザが同人なのに気合入ってると思うのは気のせいですかね? 個人的には木の娘、ガツがスカートジャージ娘なのですばらしいと思います。
 

 あとの二人もかわいいし。それに性格付もいいキャラしてますしね。
 つーか、本当にいいキャラしてるんですよ! だからブラックさが滲み出るんだよ! 3匹の子豚の話なのにお金のネタばっかりだしさ!


 
 とはいうものの、これまでのカヅホ氏の同人誌にしては、ブラックさもマイルドな感じになっています。
 ……だってこれの前の本がテケテケのマンガだったからね? それに比べれば全然マシですよ。
 それに今回、氏の同人誌恒例の人死には出てないし(狼死には出ましたが)。


 今回のこのマンガ、テイストがマイルドだしキャラデザも気合入っているしで、とても完成度が高く感じますね。
 完成度が高いというよりかは、今までの同人誌に比べよりメジャー感がすると言えますかね。
 

 なんだか、同人誌にしておくにはもったいないくらいのメジャー感なんですよね。
 この3人、ラジカルな性格してますけどかわいいですし、キャラ立ってますし。それに豚耳少女って新しいですしね!
 ぶたかわいいよぶた。


 とりあえず、もしかしたらキルミーベイベーの次回作はこれで行けるんじゃね? と思えるくらいにはメジャー感あります。
 そうでなくても、カヅホ流の童話シリーズってのも良いかも知れません。3匹の子豚以外のものも見てみたいですしねえ。
 まあブラックな童話になるだろうけどな!


 でも見てみたいよね? かわいいキャラで繰り広げられるブラックな童話。


 まー妄想ですけどねー。
 つーかこの方の作品ならどんな作品でもいいですけどね! どんなのでも何時まででも追いかけていきますよ!



 てな感じで今回はここまで! お読みいただいた方、ありがとうございましたー。
 ではでは〜。