スタジオらっきょうの「日常」のえろい同人誌

KAZUHA2011-07-11


タイトル :日常の日常は非日常。
サークル :スタジオらっきょう
作者   :鷹勢優
発行年月日:2011年5月29日
ページ数 :26P
サイズ  :B5
形態   :表紙カラー・本文モノクロ オフセット
年齢制限 :18禁
ジャンル :日常



 いまーわたーしのー ねがーいごとがー♪
(ED良いですよね。あいさつ)



 はいそんな感じでこんばんは。翼を下さい群咲一葉です。
 日常のアニメ、面白いですよねー。2クールめに入ってなのもめでたく入学して、ちょっとあったけどこれからのみおゆっこ組との絡みが楽しみ!


 新しいOPEDも良い感じ。特にEDは大好き。ノーカットで右から左へ流れる情景にあわせて「翼を下さい」が流れるとか、最高!
 ・・・・・・ってあれ? 2クール目はED曲毎回変わるのー? うそーん。



 まいいや。ED談義はここまでにして。今回の同人誌レビューブログ群咲は、「日常」の同人誌を取り上げますよ。
 なんか「日常の同人誌」っつーと、ほのぼのまったり日常を描いたコミティア系オリジナル同人誌みたいに思えますけど、はかせとかなのとか出てくる方の日常ですよ?


 んで、本日のご本はこれ。「日常の日常は非日常。」です。日常本なのに非日常とか……ぷぷー。(はかせっぽく)
 表紙絵のはだか白衣のはかせがかわいいですね。もちろん、本文内容もはかせとなのメインです。 


 発行サークルはスタジオらっきょう。ここは普段は鷹勢優芦俊のおふたりで活動されているサークルですが、この本は鷹勢優個人誌。
 私この方の作品大好きでしてね。商業での活躍されていて、基本ロリ系のマンガを描いてらっしゃいますが、同時にショタ系もお描きになっておりまして。ふんどし少年と

か、もー俺のツボをぎゅんぎゅん刺激するんですよこの方のロリショタは!


 そんな大好き作家さんがはかせなの本をお出しになるなんて、なんてうれしい事でしょう!
 前書きによると原作からお好きだったようですが、アニメ化記念で本を出されたようですね。アニメ化って素敵ね!



 さてそんな鷹勢優のはかせなの本。構成としては別個の2本のマンガが収録されてます。
 1本めのマンガは描きおろしで、2本目のマンガはコミ1で出たコピー誌の再録です。でも加筆とかあるのでおトクな感じ。



 最初の方のマンガは、はかせがメイン。ある日なのは買い物帰り、川辺にいるはかせを発見します。
 何してるのかと見てみたら、はかせの前に、サメの被り物をした2人の屈強な男が現れました。ちなみに、ホオジロザメシュモクザメだそうです。知るか。
 

 このサメ男どもがはかせのお相手。はかせはサメをかっこいいと思っているので、このサメ男の出現に喜んでいるようす。
 でも一方のなのは、「あわわわ…」と驚いてます。そらそうか。


 で、驚くなのをよそにサメ男達はちんこボロリンして、そのうちの一つ、ホオジロの方をはかせがくわえ出しました。
 お外なのにはかせったら。えろーい!


 そんで余ったシュモクの方のちんこは、はかせのおしりを襲います。おしりです。はかせまんこはちっちゃいから、おしりなんだと思います。優しいですねサメ!
 ちなみに表紙絵にもありますが、この時脱がされたはかせのおぱんつにはサメが描かれてます。芸が細かいですね。

 
 前から後ろからちんこ入れられてるはかせ。身体が小さいので、入れられたちんこに支えられて、足が地面についていません。
 イェア! ちいさい子とヤってる時の、この身体浮いちゃう描写オレ大好き!! 
 実際にはありえない表現ですけど(いくらなんでもちんこ折れるやろ)、性的ファンタジーなら許されるよね!!

 
 だってねー。はかせちいさいしかわいいもんねー。セクロスしたいよねー。
 つーかこのサメ野郎共がうらやましいですよ! ちくしょう! おいそこのサメ! オレと代われっ!!



 そして後半は、なのとはかせのおマンガ。このふたりの絡みは良いですね! 
 プレイとしては、はかせ特製のメカによる器具(?)プレイです。
 なのの腕にバイブ装備してはかせまんこイジったり、はかせ製の触手型メカやビスケット3号(もち、ちんこ付き)などが出てきてはかせなのをうにょんうにょんしたり。
 

 ちなみに、ビスケット3号は2号を改良したロボだそうです。ちゃんと帽子の数字が「3」になっててまたもや芸細。 
 前述のサメが描かれたはかせぱんつとか、この本には各所にこういう原作リスペクトな小ネタが盛り込まれていてステキです。
 そもそも「日常」自体が細かい小ネタ満載の作品なので、同人誌でもそんな雰囲気になるんでしょうね。


 しかし良く考えてみると、なのはこう見えてもロボットなので、ビスケット3号と絡むとロボット×ロボットですね。
 あれ? これって画期的じゃね? ……ああいや、なのはネジとか腕以外見た目は人間と変わらないですけど。
 

 いやでもはかせの設定は便利ですね。こうやってなんかえろい機械を発明したってことで幾らでもえろネタ作れるし。
 このはかせなのをすっこんばっこんしてる触手メカやビスケット3号も、メカなのになんか白い液体とか出てるし。はかせって凄い!


 
 とまあこんな感じで、ぐっちょぐっちょにえろいはかせなの本でした。
 ……ふぅ。満足満足! いやあ良いもんですね! 8歳幼女と1歳ロボ(見た目女子高生だけど)がぐっちょぐっちょになってるのは!


 結構うちのブログも日常の同人誌を探してお越しになる方がおられる様ですし、えろいのお求めなら、今回のこの本はオススメですよ!
 後書きによると、このサークルさんは夏にもまた日常本を出すそうなので、それも楽しみにしたいですね!!



 それでは、今回はこの辺りで。ではではー。

C79新刊! みそおでんによる、たぶん世界最速の「日常」の同人誌

KAZUHA2011-01-15


タイトル :はかせなの
サークル :おでんや
作者   :みそおでん
発行年月日:2010年12月31日
ページ数 :24P
サイズ  :B5
形態   :表紙カラー・本文モノクロ オフセット
年齢制限 :18禁
ジャンル :日常




 スラマッパギ!!
「日常」のアニメが始まったら、これ流行るよね。あいさつ)



「スラマッパギ」って、インドネシア語で「おはよう」の意味ですよこんばんは群咲一葉です。
 いやあ、まさかねえ。「日常」がアニメ化するなんてねえ。しかも京アニで。
 

 ほら私、「日常」(というかあらゐけいいち作品)好きじゃないですか。   参照→うちの2010年2月13日のエントリ 
 そんな私からすると、もうこのアニメ化は嬉しくて嬉しくてしかたありませんよ!


 見える! もう見えている! 京アニによる「日常」のアニメが始まれば、みんな「ゆっこwwww」「ぬかしおるw」とか言いまくるに違いない!
 ああ! 早く4月になんねーかな!



 という訳で4月からの「日常」のアニメを楽しみにしている私なのですよ。
 んでも、まだ当然「日常」の同人誌は出ていないので、ここでは言及できないなあ……と思っていたら。


 なんと、あのおでんやのC79新刊は「日常」本という情報(ソース・おでんやのサイト)が!
 

 なん……だと……? おでんやが「日常」本を出すだと……!?
 そらもう私、テンションがMAXになりまくって、ちょっと卍解しそうになりましたよ!


 だってねえ! おでんやが! みそおでんが! 「日常」本出すんですよ!?
 私、このサークルさん大好きでしてねえ! 同人誌を買い始めた初期の頃からずっと好きで追いかけているサークルさんなのですよ!

 
 ここは、同人誌とCD-ROMがセットになっている「LIKE」シリーズから買ってるんですけど、うちでの言及は初めてですね。
 とってもぷにぷにしくて、幼い女の子を描かせたら天下一品なんです。


 もうここの本には昔からお世話になりっぱなしですよ!
 また、同人ゲームサークル、私立さくらんぼ小学校にも参加していて、ガチペドゲームを多数発行しているので、こちらでもお世話になっております。
 ……この私立さくらんぼ小学校は昨年、名称問題とかでいろいろありましたが、何事も無くて何よりです。


 その横で、こなちゃんとリラックマをかけ合わせたキャラクター、リラッコナで一般層にもアピール。
 こちらは一般向けですけど、このリラッコナがちょーかわいいんですよ!


 加えて最近、商業でも萌え4コマで活躍。多分前代未聞の、萌えボウリング4コマ「ラッキーストライク!」を連載しております。
 昨年のクリスマスにコミックスの1巻が出ましたが、もちろん即ゲット! 昨年冬のマストアイテムですよ?


 これがまた、かわいい女の子たちが織り成す、超本格的ボウリング4コマでして。
「リスタイ」とか「一歩助走」といった専門用語や、技術の解説とかがバンバン出てきて、読めばボウリングが上手くなる事間違いなし!



 ……こうして見ると、なんだか色んな活動をしている作家さんですねえ。
 それでもこの方の真髄はやっぱ、「この方の描く女の子はかわいい!」という事。


 そんな作者が、「日常」本を出すんですよ! そらもうテンションも卍解しちゃうというもの!
 しかも内容はタイトルと表紙絵とからも判る通り、はかせとなののお話! そしてあろうことか18禁!
 
 
 という訳で、今回の同人誌レビューブログ群咲は、おでんやのC79新刊、「はかせなの」です!
 はかせなのー!!


 いぇーい! なのなのー! ロボロボー!! はかせはかせー! 8歳8歳ー!!
 表紙には阪本さんいるけど本文には出てこないー! いぇーい!! 
 ちなみに、アニメのはかせと阪本さんのキャストは今野宏美と白石ー! 京 ア ニ め !! らっきー☆ちゃんねるじゃねェか!! そんなに白石が好きかー!!? 



 という訳でこの本の内容は、はかせなの。 つーか、はかせ×なの、です。


 あ。「日常」をご存じない方のために一応軽く説明。表紙絵の画像を御覧下さいな。
 背中にネジ生えてて、おしり丸出しにしている娘が「なの」。はかせに作られたロボっ娘です。おしり良いですねおしり。
 んで、その下の白衣金髪幼女が「はかせ」。なのを作った、8歳の天才幼女です。本名不明。


 そんで、この二人がもうひたすら、えろえろちゅっちゅしているお話です。


 二人とも女の子なんで普通に百合るのかな、と思いきや、そこははかせ。天才幼女。
 なのにちんこくっつけて、それを解決。なのちんこをイジったり舐めたりしてます。
 ちなみにこのちんこはイくと精液の代わりに苺にかける練乳が出てきます。甘いもの好きなはかせらしいですね!



  そういえばこの本、そういった部分の他にも原作からの小ネタを随所で拾ってきてて、とても良い感じ。
  先ずお話の始まりは、右手が無くなって泣いているなのから始まりますからね。この辺のコマ割りはめっちゃ原作を意識してます。
  しっかり原作を読み込んでいるな、というのがのっけから伝わってきます。


  他にもゆっこの描いたあのヤンキー絵のテイストを盛り込んだりと、各所に原作リスペクトが。 



 はかせにイかせられた、ちんこ装備のなの。あまりの出来事に、ちょっと泣いてしまいました。 
 そのちんこは着脱可能らしく、はかせはそれを取り、自分に装着します。じゃーん。


 そんでそのちんこをなのまんこに挿れるはかせ。ここに、はかせ×なのの構図が完成しました。
 自分でちんこ作ってそれを装着して、自作のロボっ娘を犯す8歳幼女なんて、はかせ恐ろしい子


 はかせちんこを挿入されてイっちゃったなの。おもらししちゃってます。
 でもそこは腕にバームクーヘンとか装備されているなのボディなので、このおもらしもあったかいりんごジュースですよ。
 見た目は完璧に尿だけどな!
 

 
 そんな訳で、自作ちんこで合体しちゃったはかせとなの。いやもう、えろいわ可愛いわで最高でしたね!
 まあ、原作でも二人は仲良しですし、合体くらいはアリアリですよね!


 
 しかしまあ、大好きな作家さんが大好きな作品の同人誌を出す、これ程嬉しいことはないですね!
 そしてそれが待望していたジャンルだったら尚更ですわな!!


 今回のはかせとなのの本はとっても素晴らしかったので、もし次があるとしたら、ゆっこやみお達のマンガも読みたいですねえ。
 あ! 笹原と立花のマンガでも良いよ! てかこの二人のお話も読んでみたいな!


 4月にアニメが放映されたら、その後たくさん「日常」の同人誌が出てくる事は確定的に明らかですけど、やっぱりおでんやの「日常」本をまた楽しみたいですねえ。



 と、結論が出た所で、今回はここまで。
 お読みいただいた方、ありがとうございました。