ツンな感じのゾディ子がえろくて良いのです。かぜうまの世界樹3の同人誌

KAZUHA2010-07-09


タイトル :世界樹のあのね12
サークル :かぜうま
作者   :南☆
発行年月日:2010年6月27日
ページ数 :44P
サイズ  :B5
形態   :表紙カラー・本文モノクロ
年齢制限 :18禁
ジャンル :世界樹の迷宮



ゾディ子良いよねゾディ子! 
(どっちも良いよね。あいさつ)



はいそんな訳でしてね。またしれっと更新している群咲一葉です。
なんだかここの所更新頻度が下がってるんですけど、まあ別に何かあった訳でも無いのでね。
とりあえず今日からまた毎日更新したいな、と思っておりますよ。



さてさて。今回の駄文はかぜうま「世界樹のあのね12」を取り上げます。
このシリーズは以前にも取り上げましたが、今回の本はそのシリーズの最新作です。


今回の本も以前の「世界樹のあのね11」と同じく「世界樹の迷宮3」本で、キャラもゾディアック♀(ゾディ子)。
でも、ストーリーとしては続きではありません。ゾディ子も前とは違うデザインの子なので、別人です。


こっちのデザインはあれですね。髪の毛がウェーブでアナザーカラーがピン毛だからルイズとか言われてた方の子。
(つってもこの本のゾディ子はノーマルカラーの方です)


しかしゾディ子は良いですね。どちらのデザインもロリロリしくてかわいいですからね。
今回の本の方のデザインの子は吊り目ちっくで気が強そうなのもナイス。間違いなくツンデレ
(だからルイズとか言われるんですけど)


んで、この本ではそんなツンなゾディ子が、モンク♂(ショタの方)にヤられる、といった内容。
プラス、髪の毛カールの方のファーマー♀がそれにえろえろしく絡んでおります。


ファマ子も良いですねえ。どっちもなんか少女チックでかわいい。おぱい小っさいし、鉈と鈍器持ってるし。
んまあ、ロリくてかわいければ何でもいーんですYo!!


しかし、ゾディ子とファマ子を一緒にお相手とはモンクのくせになまいきな。!
修行僧である上にお子様なのにね! けしからん! もっとヤれ!!



さあ、妄想がたりもコレくらいにして。
それでは、ざっと内容を見ていきましょうか。



冒頭は、なんだかモンクをくどくど怒っているゾディ子から始まりました。
そんで、その後頭部を後ろから鈍器でぶん殴るファマ子。ゾディ子、意識を失います。


そしてゾディ子が目を覚ますと、なんか腕を縛られ足も開脚状態で固定されているというステキ状態。
その上、星術も封印されている模様。…もうこんだけでえろい!


もちろん、こんな事したのはモンク。修行僧のくせになまいきな!
…でも気の強い子を組み敷くと興奮するのはわかる! わかりますよ! もっとおやりなさい!!


ほんでこの鬼畜モンク、縛られてギャーギャー言ってるゾディ子に立場を分からせるとか何とか言って、
ゾディ子のロリちっくなま○こにいきなり前戯なしでちんこをぶち込みます。…外道だこのモンク!!


ゾディ子の処女ま○こにちんこブチ込みながら、ヒールするモンク。
これで血が出ても安心だね! 外道なことにはかわりないけど!!
ほんでもって中出しなんてしてます。うわあ、モンクさんマジ外道!!


するとモンクさん、アムリタが切れたので、買いに行く模様。
その間、ゾディ子のお相手はファマ子に担当させるみたいです。
ファマ子はモンクさんの言う事を聞いているので、どうやら調教してるっぽい。えろーい!


そんでゾディ子を責め始めるファマ子。ちょっと百合チック。すこぶるえろいね!
責められまくってゾディ子、もうぐでんぐでんになっちゃってます。


そこに帰ってきたモンクさん。ゾディ子は一旦放っといて、ファマ子をいじり出します。
こちらは以前から調教しているらしく、もうすっかり出来上がっています。


細くてちっぱいな裸身を晒して、モンクさんのちんこを飲み込むファマ子。
モンクさんに責められて、何回もイってます。…えろーい!


ほんでファマ子がイきまくって失神すると、ターゲットをゾディ子に移します。
もう色々とえろい事されてゾディ子も抵抗する気力を失ったみたいで、なすがまま。
縛られてた足と手が開放されても、モンクさんに逆らうことが出来ない模様。


モンクさん、そんな状態のゾディ子を後ろからがっ突くがっ突く。
バックで激しく突かれて、足腰も立たなくなってしまったゾディ子。


ついには服も全部脱がされて、そして眼鏡をつけさせられて、その上おねだりを強要されます。
んでおまた広げておねだりするゾディ子。うひょお! えろすぐる!!


全裸に眼鏡だけ、というなんともフェチ全開な格好でモンクさんにヤられまくるゾディ子。
これがもー、おっぱいがぺたんこで身体も細くてちっちゃいので、えろいのなんのって!!
このえろモンク! うーらやーましーぃなー!!


最後はがっつんがっつん中出しされて、放心状態になってしまったゾディ子。
これからも、モンクさんによるえろ調教が待ってるみたいだから、良かったね!



…ふぅ。えろかったわぁ。


さてという訳で、えろモンクさんによるファマ子とゾディ子のえろ調教でしたとさ。
たっぷりページを取っての濃厚なえろシーンの連続で、もうボクの愚息も満足満足ぅ!


終わったあとちょいとしたオチのページがあるんですけど、それは見てのお楽しみ。
まあそれでも、ろりろりしいファマ子とゾディ子がえろいので、オチは有っても無くてもどっちでも良いですけどね!


とにかく、凄い勢いでえろいので、ろりなゾディ子がお好きな方なら、絶対にオススメの一冊です。
ゾディ子良いよねゾディ子! みんなコレ読んでかぜうまのゾディ子の虜になれば良いよ!!



では今回はこの辺で。




さてここで次回予告。


次回は土曜日分の更新。土曜とは関係ないけど、オプーやります。
ミュンヒハウゼン症候群の「サンシャインクリエイション注意マンガ オプー 総集編2」です。
まあ土曜日分の更新といっても、これから書くんですけどね!


それではまた次回に。

「世界樹が面白いよ」と申されましても…全面同意するしか無いよね! て事でブロンコ一人旅の世界樹の迷宮3の同人誌

KAZUHA2010-05-10


タイトル :世界樹が面白いよ本3
サークル :ブロンコ一人旅
作者   :内々けやき
発行年月日:2010年4月29日
ページ数 :24P
サイズ  :B5
形態   :表紙カラー・本文モノクロ
年齢制限 :18禁
ジャンル :世界樹の迷宮



駄文ダ! イザヨメ! ボウケンシャー!
ボウケンジャーじゃないよ。羽ばたく蝶亭あいさつ)



はいそんな訳でね。DS片手にこの駄文を書いとりますよ。
いやあ、発売後1ヶ月以上経ってますが、まだ世界樹3やってますよ。


はー。面白すぎてやめられません。
でもプレイ出来るのは通勤時にちょこちょこやるだけなんで、
つい先日なんとか表クリアした位なんですけどね。


いまは6層を泣きながら探索中。キノコやべぇ。羊の石化らめぇ。
俺のアバターたる緑髪ショタプリンスがあまりの怖さに、
一歩ごとにおしっこ漏らしてる有様。じょろり



いやつーか、俺のしょんぼり世界樹プレイ日記はどーでもいいんですよ。
今回の本、ブロンコ一人旅の世界樹本の話ですよ!


ここは、世界樹の迷宮がでる度に「世界樹が面白いよ本」を出しているので、
今回の本は3冊目という事になります。


ただ世界樹の迷宮本と言っても、プレイヤーキャラではなくて、
NPCの連作えろイラストで構成されています。


なんたって世界樹NPCは、歴代通してえろいキャラが多いからね!
特に3のキャラのえろ妄想のしやすさは異常!!


そんな訳で、この羽ばたく蝶亭のママを始めとした世界樹3のえろいNPC達の痴態が、
テキスト付き連作イラスト、早い話紙芝居形式でつづられているのです。


ちなみに、このテキストは全部「〇〇してもいいし、△△してもいい」の、
てもても文体になっていてちょっと芸コマ。



まず、表紙からし世界樹3が誇るおっぱいさん、羽ばたく蝶亭のママですからね。
えろいゾ! ボウケンシャー!


まあね。世界樹1の本の表紙は褐色巨乳さんのシリカさんだったので、
その流れと言えますね。おぱーいの流れ。


…でもなー。個人的なことを言えば、俺には巨乳属性は無いんだよなー。


とか何とか言いつつ表紙をめくると、つかみは羽ばたく蝶亭のママではありませんでした。



アーマンの宿の子でした。


…。
いよっしゃあああああっ!!


世界樹3が誇る笑顔のかわいいショタキャラ、アーマンの宿の子来た! これで勝つる!!
あああああアーマンの宿の子えろかわいいよアーマンの宿の子!


そんなもん、世界樹3プレイヤーなら全員がアーマンの宿の子でえろ妄想をしますよね!
この宿はこんなかわいい男の子を用意して、どんな裏サービスをしてくれるんだ! ってね!!


※「そんな妄想しねえYO!」という意見は完全に無視しますのでご注意を。


この本でも、そんな全世界樹プレイヤーが夢見た、宿屋の子の裏サービスが描かれています。
またね、この複数の客相手にえろい裏サービスをしている宿屋の子が、えろかわいいんだもう!


この作者は、地味にショタもの描きますからね。そらまあ宿屋の子もやりますわな。
商業だとママものとか巨乳ものとかが多いのに、
同人では結構ショタ本も出してるんですよね、この人。



そして、宿屋の子でしっかりと掴みを取った後は、
ちゃんと羽ばたく蝶亭のママのターンが来るのでご安心を。
パイズリなんてしてるゾ! えろいナ! ボウケンシャー!



お次は、ネイピア商会の姉妹のターン。
ちいさい姉さんと大きい妹を、ふたりまとめてという贅沢さです。


そういえば完全に余談なんですが、私ゲームプレイ時には、
小さい方のネイピアさんを斎藤千和の声で読んでたんですけど、どうですかね?
まあシリカさんとかぶりますけど。



そんで次はカナエ。なんか登場するなりレイプ目です。
どうやらこっちが残る方の選択肢のルートで、イベント終了後っぽいですな。


という訳で気力を失ってレイプ目になっている所を悪いギルドに見つかって、
更にレイープされちゃうってお話みたい。
君はこの子をレイプしてもいいし、輪姦してもいい。



お次は、輝く恒星亭の子の出番です。
スク水っ娘キタコレ!

 
…この娘、何の脈絡もなくスク水だからなー。えろいなー。
(一応、海の底の都市だからって理由はありますけど)


この娘はアーマンの宿の子と違って、ギルドメンバーにレイープされちゃう内容。
仕方ないよね! 常時スク水装備でこっちを誘っているんだもの!
そりゃ屈強な冒険者達の性欲のはけ口になっちゃうよ!!



そして最後は、やっぱり羽ばたく蝶亭のママでシメ。
最下層到達後のセリフを元ネタにした内容です。


迷宮を攻略した後海都を去ってしまう冒険者達を惜しむママさん。
冒険者に中出しされて子どもが出来れば、顔を出す理由が出来るだろう、
とか何とかいって騎上位してます。
お前の子どもを産むゾ! ボウケンシャー! 


…しかしそんな事すると、この人まんまフィリピーナだな。



ふいー。
という訳で、世界樹3のえろNPC達のえろイラスト群でした。


個人的にはオランピアさんがいないのは片手落ちだろ、とも思いますが。
こいつアイギスみたいな機械の体だけど、内々けやきなら何とかしてくれるでしょ!


という訳で次の本希望。
あ。丸ごと一冊アーマンの宿の子本でも良いよ!



では今回はこの辺で。




さてここで次回予告。


次は火曜日、けいおん!! の日なのでけいおん本。


ですがただのけいおん本ではありません。
放課後ティータイム男体化本です。
その上で澪律。


名称未設定の「けい−男」です。
801とかダメな方には申し訳ありません。


ではまた次回に。

COMIC1★4新刊(みみけっと22で先行頒布)!! 紫。の世界樹シリーズのイラストを集めた同人誌

KAZUHA2010-04-28


タイトル :世界樹探検隊#4
サークル :紫。
作者   :RUIKO
発行年月日:2010年4月29日
ページ数 :20P
サイズ  :B5
形態   :表紙2色刷り・本文モノクロ・右開き
年齢制限 :無し
ジャンル :世界樹の迷宮



おかっぱファランクスが好きです! ゾディアック♀1(カスメっぽい方)が好きです! 
ロリビーストキングが好きです! ニーハイシノビが好きです! 
ショタプリンスのアナザーカラー(緑髪)が好きです!!
(とりあえず、うちのPT=ファラ・プリ・ビー・シノ・ゾディを叫んでみました。あいさつ)



でも一番好きなのはアーマンの宿の子。この宿にはえろいサービスがあると信じてる。


はいそんな訳で! 今回は世界樹の迷宮本!
私、世界樹の迷宮を只今絶賛プレイ中ですから!!


…てか、発売日(4/1)に買ってずっとプレイしているのに、まだ1周も終わってません…。
もうみんなは2週3週当たり前、というのに…。うう…。


だって、既に1周クリアしてあまつさえ同人誌作ってる人とかいるよ…。
その本が今回の本「世界樹探検隊#4」です…。うう…。



そんなプレイの遅い俺の愚痴はともかくとして。


さて今回は紫。のCOMIC1★4新刊です。


この本はコミ1の新刊なんですが、みみけっと22に頒布が間に合ったので、
先行で売っていたものです。当然うひょう! とか言いながらみみけでゲットしました。うひょう!


私、ここのサークルはセブンスドラゴン本で知ったのですが、
やはりというか何というか、世界樹でも本を出していたのですね。


ここのナナドラ本はいくつかあるんですが、個人的に大好きなのが、
ルシェ♂ローグと、ルシェのプリンセス、通称鬱姫のお話。


これがまた、胸がぎゅーって締め付けられるような、暗ぁーくて切なぁーいえち本でして。


つねづね私は、あの鬱姫の鬱い表情は過去妄想をかきたてる、不幸な話が良く似合う、
と思っていたのですが、このお話はとても理想的なステキ欝話なのですよ!


ナナドラ世界樹とかのキャラメイク系のゲームだと、
二次創作をやる場合は作者のセンスが問われますよね。
自由にキャラの性格付けが出来るぶん、作者の色が濃く出る訳ですし。


そこへ行くと、この作者の作品は非常に独特な世界観が感じられてナイスなのですよ。
キャラの描写も愛着が感じられ、また重いバックボーンも垣間見え、そういう点も大好きです。



で、そんな作者の描く世界樹の迷宮のラフイラストを集めた本が、この本です。


以前に発行した世界樹1と2のコピー誌からの再録や、サイトで発表された世界樹3のイラスト、
世界樹3を1度クリアした後に描かれたイラスト、そしてそれらへのコメントなどが収録されています。


…上でも書いたけど、ゲームクリアした上にイラスト描いて印刷に間に合うだと…。
なんて手の速さだ…。ギギギ…。



イラストの分量としては、3キャラのイラストが多め。
割と全職業(隠し職業も含め)が描かれている感じ。ただし♀キャラが多いです。


まあしょうがないよね! 
だって世界樹3の♀キャラはかわいい見た目(てかようじょ)ばっかりだもの!!


個人的に大好きなロリビーキンとかも描かれていて、とても嬉しい限り。
褐色はいてないケモっ娘かわいいよ!


そして、ただのキャライラストだけでなく、作者的に明確に性格付けされたキャラも描かれています。


完全に幼女なモンク♀2(らんまっぽい方。以下、モン子)と、
その保護者っぽいゾディアック♂2(目にクマがある方。以下、ゾディ男)の二人。
この二人は描かれている数も多く、明確にカップリングとしての性格付けがなされているようです。


うん。いいですね、この二人! 保護者なゾディ男とロリいモン子!
この二人はモン子がとても小さくて、ゾディ男が高い身長という、すごい身長差で描かれていて、
身長差カプが好きな私としては絵だけで萌える…!


あ−! この二人の絡みとかちょー見てみたい!
この二人で本を出してくれないかな!!



いいですね。キャラ設定が自由なゲームのキャラでも、こうして明確なな性格付けを出せれば、
読者としてもそのキャラに引き込まれ、色々と妄想がかきたてられますからね。


この作者の独特な世界観とキャラ描写は、一読の価値アリだと思います。



本の最後には、世界樹3を1周クリアした上でのイラストもあって、EDの感想とかもあります。
もうクリアした方なら凄く共感できるのではないでしょうか。
…私はまだ1周もクリアしてないので「あー!!」な感じでしたけど。


世界樹3がお好きな方は、是非とも読んでもらいたい一冊です。
(未クリアの方はネタバレ注意ですよ)



では今回はこの辺で。




さてここで次回予告。…なんですけど。
明日はCOMIC1★4に行くので、そこでの新刊をやろうと思っているので、
現状ではまだどの本をやるのかは決まっていません。


てか、GWは超イベントラッシュなんで、きっちり1日1回更新できない気がします。
出来なかった日は次の日にでもまとめて更新しようと考えています。


まあ何とか、ゆるりとやっていく所存です。
ではまた次回に。

サンクリ47新刊! 世界樹の迷宮3のゾディアック♀の同人誌

KAZUHA2010-04-12


タイトル :世界樹のあのね11
サークル :かぜうま
作者   :南☆
発行年月日:2010年4月11日
ページ数 :52P
サイズ  :B5
形態   :表紙カラー・本文モノクロ
年齢制限 :18禁
ジャンル :世界樹の迷宮



君はこの駄文を読んでもいいし、読まなくてもいい。
(てもてもあいさつ)



今回は世界樹の迷宮本ということでね。このシリーズでもおなじみの、
「君は○○してもいいし、しなくてもいい」という言い回しで始めてみました。


いやあの、「読まなくてもいい」とか言った所でそこで帰られたら困るんですけど!



それはさておき。いやあ、面白いです世界樹の迷宮3。私只今、絶賛どハマり中です。


ショタプリンス(緑髪のアナザーカラー)・おかっぱファランクス・ロリビーストキング・
ニーハイシノビ・ロリゾディアックのパーティで、ちょこちょこ進めておりますよ。


ええそうですよ! ショタとロリばっかですよ当たり前じゃないですか!!
ショタプリンスは緑髪かわいいし、ロリビーキンは褐色ケモっ娘はいてないかわいいし、
シノビはニーハイかわいいし、ゾディ子はカスメっぽくてかわいいし!
何このゲーム! 天国か!!



私元々キャラデザの日向悠二が大好きでして。当然このシリーズは1も2もプレイ済み。
同じプロデューサーが手がけたセブンスドラゴンも、プレイ済みであります。


それだけにこの世界樹3は発売前から楽しみで楽しみでねえ。
発売されたらそらもう時間の許す限りDSを開いてますよ。


しかし今作の3は前作までとはガラリと印象を変えて、それでもちゃんと世界樹しているし、
難易度も1と2よりも易しいような気がするので、初心者の方にもオススメです。
気になっているけど持ってはいない、という方はこの機にプレイしてみてはいかがでしょう?


まあ、ちょっと易しくなったといっても、トラウマ級のモンスターはいっぱいいるけどね!
ネコトラウマだよオオヤマネコ! 
いやあああ! 僕のパーティがケダモノにレイプされちゃう!! ビクンビクン!



はいという訳でね! 今回はかぜうまのサンクリ47新刊の世界樹3本です!



世界樹の迷宮本ならこのブログ、以前にRINARINAの、
世界最速の世界樹3本をやっていますね。


今回は、南☆のサークルかぜうまの世界樹本です。


ここは、1の頃から世界樹の18禁本(健全本もありますけど)を出しているサークルです。
たぶん、世界樹の18禁なら最大手のサークルではないでしょうか。
(健全ならRINARINAかと)


目が大きくてくりくりしている、かわいい感じのキャラを描くのが特色ですね。
この作者の描く貧乳キャラはホントにかわいーのですよ。



世界樹本以外にも、ここはナナドラ本とかも出していて、
今回のサンクリ47ではそっちの新刊も出しています。


ナナドラ本の方は2月にも本を出しているので、この作者は結構手が早いですよね。


ちなみに、私これも入手しているので、そのうちそれをここでやろうと思っていたんですけど。
そうこうしているうちに新作が出てしまったので、タイミングを逸してしまいました。


さて。基本的にここが発行する18禁本は「○○のあのね」というタイトルで統一されています。
世界樹本なら「世界樹のあのね」で、ナナドラ本なら「ナナドラのあのね」というように。


今回の本は「世界樹のあのね」シリーズの11冊め。
11冊って結構な数ですよねー。それだけこのサークルが世界樹を好きだという事でしょうね。


あ。ちなみに、11冊めとはいっても、ここのシリーズものは基本的に話がつながってません。
そもそもこの本はキャラが一新された3準拠の話ですから、
この本から読んでもまったく問題ないので、ご心配なく。



という訳で、この本のストーリーが構成しているのは、3準拠のキャラクター。
世界樹の迷宮はキャラメイクRPGで、公式設定の名前などは無いので、
ここに出てくるキャラクターは、オリジナルの名前がついています。


1ページめにパーティーメンバーの戦闘シーンが描かれていて、そこに名前もあります。
そこで分かるパーティ構成は、ゾディアック♀1のフィー、プリンス2のクリストファ、
ビーストキング♀1のネネ、おっパイレーツのルージュ、そしてファーマー♂1(名無し)。


…ゾ・プ・ビ・パ・ファかー。うーん、ちょいキツいパーティ構成じゃないかなー。
回復力に難あるし、ネコにブッ殺されんじゃね、ネコに。



…まあ、この本えろ本なんで実用的なパーティ構成とかあんまり関係ないですけどね!


今回の本は、このパーティメンバーのうちのゾディ子のフィーがメインです。
まったこの娘がかわいいんだコレが!


同じパーティメンバーであるイケメンプリンスのクリストファ(以下、クリス)に、
淡い恋心を抱いていて、もうなんかウブいお話をやってくれるんですよ!


ここの本のえろシチュエーションは、モンスターに女キャラたちがブチ犯されたり、
触手モンスターににゅるにゅる触手責めされたりするのがいつもの展開なんですけど。


でも、この本ではそういう所はなりを潜めていて、フィーとクリスの、
ウブくてラブラブな感じの、あま〜いえちが繰り広げられます。


すんごい華奢でロリい感じに描かれているフィーが、
もうかわいくてかわいくてしょうがないです。


んで、お相手のイケメンプリンスのクリスもホントカッコ良い野郎でして。
ふたりはとってもラブラブちゅっちゅで、しあわせそうなえちをしております。
もう、ごちそうさま! といった感じです。


ここの本は、かわいいキャラたちが触手モンスターとかにヒドいめに遭わされているのが
すごく素晴らしいところなんですが、たまにはこんならぶらぶえっちも良いですね!



でもやっぱり、触手とか陵辱は離せないようで。


ちゃんと、触手モンスターによるれいーぷシーンも用意されています。
やったのはビーストキングのネネ。触手モンスターを操って、フィーを陵辱します。


…うん! やっぱり、かせうまの世界樹本には触手が無いとね!
触手モンスターににゅるにゅるヤられて感じているフィーは、とってもえろかわいいです。



…とまあこんな感じで、この本はかわいいキャラのベタ甘〜い感じのらぶらぶえっちと、
触手によるにゅるにゅる陵辱の両方が楽しめちゃう、ステキな本です。


世界樹の迷宮3のえろ同人誌を探している方には、是非ともオススメしたい一冊です!



ああもうゾディ子かわいいよゾディ子! 俺にメテオぶっ放してくれーっ!!(死にます)



では今回はこの辺で。




さてここで次回予告。


次回も引き続き、かぜうまのサンクリ47新刊です。
上でも少し触れたナナドラ本「ナナドラのあのね4」です。


まあナナドラユーザーと世界樹ユーザーはかなりかぶっていると思うので、
今回をお読みになった方は、次回もこの流れで宜しくお願いします。


ではまた次回に。

世界樹の迷宮3を扱った本としてはたぶん最速の同人誌

KAZUHA2010-01-14


タイトル :セカキュー日和
サークル :RINARINA
作者   :朱堂りま
発行年月日:2009年12月31日
ページ数 :24P
サイズ  :B5
形態   :表紙カラー・本文モノクロ
年齢制限 :なし
ジャンル :世界樹の迷宮



管理人はここのサークルの本はセブンスドラゴン本で初めて知ったのですが、この本は世界樹本。
ま、ナナドラ好きは世界樹から流れてきた人が多いですしね。
ご多分にもれず、私もセブンスドラゴンも好きですが、世界樹の迷宮も好きです。


日向悠二のポップでかわいらしいキャラデザと、古き良きRPGを受け継いだ世界観と高難易度が融合した、名作であります。
おりしも、最新作世界樹の迷宮3の発売も近づいてきていますしね! ああ、3楽しみ!!



そんな訳で、セカキュー本ですよ。
この作者の描くキャラは、どれもかわいらしすぎて悶絶しますね。


この本が頒布されたC77の時点では、3の情報は第1報しか出ていなかったのですが、
早速3のキャラを描いちゃっているのが凄いところです。たぶん、最速でしょう。


前半、2までのキャラの4コママンガで、後半から3のキャラのネタになります。
3キャラはプリンセス、モンク、ファーマー、ゾディアックが出てきます。


でも、この本を制作している時点ではファーマーとゾディアックはキャライラストだけで職業名が公開されていなかったので、
それぞれ「羊飼い(?)」「謎の少女?」と表記されています。
どんだけ最初の情報だけでこの本作ったんだ、て感じですね。

それだけ、世界樹3のキャライラストが衝撃的だった、という事でしょう。
2までの職業を一新ですしね。…個人的にはメディックだけは残して欲しかったんですけど。



ここのサークルさんはこれ以降もセカキュー本を発行してくれるそうなので、
3の発売までそれを読んで楽しみに待ってようと思います。